働き方改革関連ツール、導入上位は「経費精算」「勤怠管理」「ワークフロー」

IDC Japanは働き方改革に関連するITツール活用の利用動向を調査、7月25日にその結果を発表しました。「旅費/経費精算」(47.5%)、「勤怠管理」(43.8%)、「ワークフロー」(42.5%)の順で導入率が高いことが分かりました。従業員数100人以上の企業を対象とし、経営層、IT部門、非現場部門(オフィスワーカー)に対してアンケート調査を実施したものです。IDCが主にオフィスでの働き方改革に貢献すると判断したITツールを中心に、導入および利用状況とツールの評価、今後の導入予定について質問しています。また、同社が働き方改革の進行程度を示す指標の一つと考えるテレワークの利用状況と評価についても分析していま。調査結果については、従業員のデータを中心に分析し、ツールの導入状況に関してはIT部門のデータを、今後の導入予定に関しては経営層のデータを分析に加えているのです。調査結果によると、導入率の高いツールは上位から「旅費/経費精算」「勤怠管理」「ワークフロー」となりました。大企業では、リモートアクセスや会議システムの導入も進んでいるということです。働き方改革をスムーズに実現Rsupport Works

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>