カメラをスムーズに動かすドリー撮影が手軽に

ポケットに入る小型ドリー「MUWI」登場。被写体に対してカメラを動かしながら撮影する手法があるのですが、手持ちだとカメラが揺れて映像が安定しません。そのため、本格的な撮影現場では、カメラを載せるドリーと呼ばれる一種の台車を使います。そんなドリーで可能となるスムーズな映像表現を、スマートフォンやコンパクトカメラでも手軽に楽しみたい人も多いでしょう。そこで、コンパクトなドリー「MUWI」の登場です。MUWIは、折り畳むと60×110×25mmとコンパクトになり、重さも100gしかありません。ポケットに入れて持ち歩けるほど小さなドリーなのです。クリップでスマートフォンを固定できるほか、追加アクセサリ「SWIVEL CLIP」を使えば本格的なカメラも取り付けられる。耐荷重は5kgあり、かなり重量のある一眼レフカメラも搭載可能です。4つある引き出し式の車輪によって、カメラがスムーズに動き、車輪の角度は調整できて、直線的に動かすだけでなく、曲線にも沿わせられるといった優れものなのです。オプションのモーターモジュール「FLOW」と組み合わせて、MUWIを設定した速度で自動的に動かせます。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>