歩きスマホは本当に危険がいっぱい!そのクセを今すぐ改善しよう

自動車運転している人にとって、「歩きスマホ」は本当に脅威だと言います。
「スマホばかり見ているが、ちゃんと車の存在に気付いているのだろうか…」と、つい心配になってしまうというのです。
「歩きスマホ」をしている人は、スマホに神経も目も集中しているにも関わらず、「自分は大丈夫。ちゃんと周りも見えている」と過信している傾向にあります。
こうした根拠のない油断が、不慮の事故につながりかねません。
歩行者はスマホに集中しているため、車と遭遇した時に、とっさの判断と瞬間的な行動ができず、交通事故に巻き込まれてしまうことは、よくあります。
○イヤホンで歩きスマホはより危険
さらに最近では、イヤホンをしながら「歩きスマホ」している人もよく見かけます。
音声を聞きながら歩けるという便利な機能がスマホにあるのは利便性が高いですが、交通事故を起こさないためにも、周りの危険を察知すること危険を察知するのも大切です。
イヤホンをしていても前を向いて歩いているならまだしも、イヤホンもしてスマホを見ている状態はさらに危険です。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>