2018年の新スマホの品質がすごすぎる!向上し続けるスマホの音質がさらにグレードアップ

2017年のスマホは、デュアルカメラが流行りましたね。
最終的にはAIという新しい流れも登場してきて、今後の進展がさらに気になるところ。
これまでのスマホの形状や使用方法が大きく変革するような予感さえ感じます。
それも時代が進み、テクノロジーも発展してきているからです。
2018年も2017年に引き続き、レボリューショナルな一年となりそうです!
○スマホの撮るだけ設定がさらに進化?
専用用紙に設定を記入し、カメラ機能で撮影することにより、自社のスマホTONEの設定ができるTONEモバイルの「撮るだけ設定」も、今使われているスマホのありかたを改革しそうな機能です。
○オンキョーがスマホの音質を次元違いにグレードアップ?
そんな中で、印象的な新しいチャレンジがONKYO(オンキョー)のGRANBEATです。
オンキョーと言えば、日本でも有名なオーディオ機器メーカーの一つとして知られ、ポータブルオーディオやイヤホンなどもガンガン発売して人気です。
そんなオンキョーが、音質のグレードが高いポータブルオーディオが、サウンドをそのままの状態で流すことに成功したスマホを開発。
音質の良いスマホは多数存在していますが、グランビートと比べたら話にならない程次元が違います。
○オンキョーの新スマホの音質が並はずれたグレードになる秘密とは…?
高音質の鍵を握るのが、その「基盤」にあります。
ハイレゾオーディオ対応をしているスマホは、ほとんどの場合ハイレゾ対応のチップを入れているに過ぎないですが、グランビートでは高音質の敵であるノイズの影響を考慮に入れ、計算しつくされた土台を完備しています。
そのノウハウは、オーディオ機器を作ってきたオンキョーならではの見事なものです。
よくある一般的なスマホが太刀打ちできるほど簡単なものではありません!remotecall.com

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>