” バトルできるスマートけん玉「電玉」がおもしろそう 振動機能で相手けん玉を妨害”

電玉は本体を2つ用意することで対戦プレイが可能になっています。本体には技を認識するセンサー機能、振動/発光機能、本体間の通信機能を搭載しています。高度な技を決めて相手を振動で妨害するなど、けん玉のテクニックやスピードを存分に競い合っていました。競技性が高いので、けん玉が得意でなくても練習意欲が沸いてきそうです。プレイした結果は専用アプリを通じ、スマホやタブレットで表示されます。対人戦以外の1人プレイモードも充実しており、練習モードやコンピュータと対戦するモード、世界中のプレイヤーとポイントを競い合うモードなどを搭載。さらにアップデートで今後もゲームモードは増えていく予定です。電玉のアイデアはもともとau未来研究所ハッカソンから生まれたもの。KDDI∞Laboハードウェアプログラム1期に選ばれ、クラウドファンディングでも支持を受けて製品化に至りました。現在はAmazon.co.jpなどから購入可能です。通常版のAmazonでの販売価格が1万2980円、「SAO EDITION」の予約価格は1万6200円となっています。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>