スマホの寿命を延ばすために気をつけたいこと

スマートフォンを使っていると、急に本体が熱くなることがあります。しばらくすると元の温度に戻るため、それほど気にしていない人も多いでしょう。しかし、発熱はスマートフォンに負荷が掛かっていることを示していて、できれば避けたい事態です。場合によっては、急に電源が切れてしまったり、発熱による異常な動作「熱暴走」が起きてしまったりするのです。スマートフォンが発熱しやすいケースはいくつかあります。GPSを使って道順をナビさせている、カメラを起動して写真や動画を撮り続けている、美しいグラフィックのゲームをしているときなどに本体の温度が上がりやすいでしょう。これは、スマートフォンの頭脳であるCPUに負荷が掛かっている状態です。熱くなってきたと感じたら、いったんアプリを終了させて温度が下がるのを待ちましょう。スマートフォンを充電しながら操作することも避けるべきです。バッテリーに負荷が掛かることで、本体の温度が上昇します。スマートフォンを使う環境も大切です。Androidの場合、「周囲温度5~40℃(ただし、36~40℃はお風呂場などでの一時的利用に限る)と注意書きが記載されている機種もあります。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>