『囚われのパルマ』完全新規の面会を追加配信! VR面会や1周年記念書籍などの新展開も

カプコンは、iOS/Androidアプリ『囚われのパルマ』に関する最新情報を発表しました。スマートフォンの液晶画面を面会室のガラスに見立てた、特徴的な面会シーンなどが非常に印象的な『囚われのパルマ』。2016年8月30日に「ハルト編」が幕を開け、後に偽りの恋人から始まる「アオイ編」も展開し、いずれも多くのユーザーに高評価を博しました。Google Playの「2016年ベストゲーム ベストイノベーティブゲーム部門」を受賞し、大きな話題を集めた本作ですが、このたび更なる新展開が明からに。スペシャルな面会の追加配信とVR面会の実施が明らかとなりました。また、『囚われのパルマ』1周年を記念するCD付き書籍「囚われのパルマ 1st anniversary book」の数量限定販売も決定。「東京ゲームショウ2017」への出展も決定しているので、いずれもお見逃しなく。ハルトとアオイに再び会える、完全新規の新たな面会が、現在鋭意開発中とのこと。また、看守(狩谷)のキャラクターボイスが小西克幸さんに決定。この面会でその声を聴くことができます。
ウェアラブル

Posted in 未分類 | Leave a comment

「北斗が如く」セガから発売決定 「龍が如く」スタジオが新たな“世紀末救世主伝説”を描く

セガは8月26日、「龍が如く」スタジオが手掛ける新作タイトル「北斗が如く」を発表しました。人気コミック「北斗の拳」の世界を「龍が如く」スタジオがゲーム化したもので、プレイステーション 4で2018年発売予定です。「北斗の拳」の世界観や時間軸を踏襲しつつも、ストーリーはゲーム完全オリジナル。ケンシロウはもちろん、シンやレイといった人気キャラクターが多数登場するほか、原哲夫先生描き下ろしの新キャラクターも登場予定とのことです。バトルシステムは「龍が如く」シリーズをベースに、「北斗の拳」らしい、より爽快かつ派手なものになっているとのことです。また、動画ではケンシロウがバーテンダーとなってシェイカーを振ったり、鉄骨でザコを吹き飛ばしたりといったコミカルなシーンもあります。「こんなケンシロウ見たことない」をテーマに、「龍が如く」スタジオならではの「北斗の拳」を目指すとしています。 同日行われた「『龍が如くスタジオ』新作発表会」では他にも、桐生一馬ではない別の主人公を軸とした「『新・龍が如く』プロジェクト」や、PC・スマートフォンで展開される「龍が如くオンライン」などが新たに発表されています。
詳しくはこちら

Posted in 未分類 | Leave a comment

VR広告配信会社「Immersv」が約11億円の資金を調達 日本企業も複数参加

Immersvが1050万ドル(約11億円)の資金調達を実施。日本からもグリー、MCJ、East Venture、メタップスなどが参加しています。Immersvが1050万ドル(約11億円)の資金調達を実施しました。今回の資金調達には、グリー、MCJ、East Venture、メタップスなどの日本企業も参加しているのです。Immersvはスマートフォン用のVRコンテンツに向けた広告配信プラットフォームです。動画リワード広告の配信ネットワークとして活用することが可能で、360度動画を用いた広告をアプリで配信することや、VRアプリを通したマネタイズ支援ができるとしています。また、同社のサービスはハワイ観光局が製作したVR体験によってハワイをプロモーションするアプリ「Let Hawaii Happen」などにも導入されています。 最近では日産や、炭酸飲料のマウンテンデューなどにVRを用いた広告を提供しています。同社によると、360度動画とVRを活用した広告の視聴率は85%にのぼるとのことです。

Posted in 未分類 | Leave a comment

BCCとToを間違え個人情報が流出 運営はゲームアイテムで謝罪予定

スマートフォン用ゲーム「妖怪惑星クラリス」のβテスト当選者発表メールが「BCC」ではなくで「To」で送られてしまい、応募ユーザーの個人情報が流出してしまう騒ぎとなっています。「妖怪惑星クラリス」とは登場キャラが全てクソコラみたいな上、トランプ大統領風キャラも発表されるなど内容面のカオスっぷりがたびたび話題になってきた問題児なゲームです。メールの一斉送信機能「BCC」を利用した場合、受信者からは他の受信先が確認不可能。ところが今回の一斉送信では「To」機能で送信していたようで、受信者側から送信先が一覧表示されてしまう事態になったのです。初歩中の初歩ともいえる痛恨のミスに、ファンにも動揺の声が広がっています。ねとらぼ編集部が運営元のKola Entertainmentに取材したところ、流出の事実は既に把握しており、今後は流出したユーザーにお詫びとしてゲームアイテムを配布予定であると説明していました。流出したのは30人ほどで、原因はスタッフの操作ミスとしています。「今後ミスしないように気をつけます」とのことでした。
「妖怪惑星クラリス」βテスト当選メール、

Posted in 未分類 | Leave a comment

スマホゲーム「イケメン戦国◆時かける恋」とコラボした、岐阜を巡る旅行プランが登場!

近畿日本ツーリストは、女性向け恋愛スマホゲーム「イケメン戦国◆時かける恋」とコラボした、岐阜県岐阜市・関市を巡る旅行プラン「イケメン戦国武将と巡る岐阜の旅 ~いざ出陣!信長ゆかりの地へ~」の販売を開始しました。この旅行プランはWEB予約限定の商品で、2017年10月4日(水)から11月29日(水)までの宿泊利用分が対象です。おもに東京や横浜など関東方面からの移動を含めたツアーパックプランと、ホテルの宿泊のみのプランの2種類があるのです。「イケメン戦国◆時をかける恋」は、ユーザーである主人公が過去にタイムスリップし、織田信長や伊達政宗などのイケメン武将たちと疑似恋愛を楽しむゲームです。特に20、30代の女性を中心に注目を集めています。今回登場した旅行プランは、岐阜市・関市にある特定の観光名所や宿泊するホテルに行くと、GPSでゲームと連動して、オリジナルのショートストーリーが楽しめたり、限定アバターがもらえたりするのがポイントです。

Posted in 未分類 | Leave a comment

スマートフォン向け「ファイナルファンタジーXV ポケットエディション」が発表

スクウェア・エニックスはドイツで行われているゲーム見本市gamescom 2017にて「ファイナルファンタジーXV ポケットエディション」を発表しました。本作は2017年秋、スマホ向けに配信される予定です。「ファイナルファンタジーXV ポケットエディション」とは「FFXV」本編の物語をスマホで楽しめるものだ。キャラクターやモンスターはデフォルメされているが、同じシナリオが描かれ、タッチ操作でゲームを攻略することができるということです。「FFXV」をすでに遊んだ人にとっても、異なるグラフィックスでこの世界をもう一度訪れてみるのも面白いかもしれません。「ファイナルファンタジーXV ポケットエディション」の価格は未定となっていますが、発売時期が近いことを思えば近いうちに続報が聞けるのかもしれません。いずれにしてもすでに遊んだことのある人でも新しい感覚でプレイできるのが素晴らしいと言えます。これは要注目のゲームですね。
ゲーム | Galaxy S7 edge | スマートフォン

Posted in 未分類 | Leave a comment

“バリヤード、みなとみらいに見参! 「Pokemon GO PARK」の詳細が明らかに “

ポケモン社は8月9日から15日まで、横浜市のみなとみらい地区で「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」を開催します。このイベントに合わせて、同社は米Nianticのスマートフォンゲーム「Pokemon GO(ポケモンGO)」のイベントも併催するのです。併催イベントのうち、カップヌードルミュージアムパーク(横浜市中区)と赤レンガパーク(同)で開催される「Pokemon GO PARK」の詳細が8月4日、明らかとなりました。Pokemon GO PARKでは、カップヌードルミュージアムパークを「カントーパーク」、赤レンガパークを「ジョウトパーク」として区分けします。カントーパークでは「ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ」で初登場したポケモンが、ジョウトパークでは「ポケットモンスター 金・銀」で初登場したポケモンが「いつもより多く出現」するということです。会場では期間中、普段はヨーロッパにしか出現しないバリヤード(英語名:Mr. Mime、ポケモン図鑑122番)がゲットできます。

Posted in 未分類 | Leave a comment

“「二次元経済」とは何か? 中国ビリビリマクロリンク取材記 “

中国IT業界の雄、テンセントの映画部門であるテンセントピクチャーズの程武CEOが2015年に提唱した概念で、「優秀なアニメ・マンガ原作(知的財産=Intellectual Property、IP)を育て、ゲーム、映画、文学など関連製品に広げ、流行文化を創り上げる」という内容です。時価総額3兆香港ドル(約42兆円)を誇る巨大企業グループがアニメ、マンガとはなんともニッチな商売をしている……と思われるかもしれませんが、不思議な話ではありません。テンセントはQQや微信(ウィーチャット)というメッセンジャーアプリを筆頭に、さまざまな分野で支配的地位を築くITジャイアントなのですが、実はその収益の多くはゲームに由来しているのです。今年もスマホゲーム「王者栄耀」の大ヒットで時価総額を大きく伸ばしました。むしろコンテンツを育て、ゲームに結びつけるのは彼らの本業なのです。ゲームという、今のIT業界で稼ぎ頭のサービスと関連しているという意味に加え、95後(1995年以降に生まれた若者)、00後をいち早く取り込むという意味でも「二次元経済」は注目を集めているのです。

Posted in 未分類 | Leave a comment

どこもかしこも「ドラゴンクエスト」だらけ! 「ドラゴンクエスト夏祭り2017」開幕

スクウェア・エニックスは、8月5日と6日の2日にわたり、「ドラゴンクエスト」シリーズのイベント「ドラゴンクエスト夏祭り2017」を東京ビッグサイト西4ホールにて開催しました。これまでも「ドラゴンクエストX」関連のイベントとして夏に行なわれてきたのですが、今回はプレイステーション 4/ニンテンドー3DS用RPG「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」が発売直後であることも含めて、「ドラゴンクエスト」シリーズのすべてを集めた規模の大きなイベントとして、過去最大規模で開催されたのです。会場には発売直後の「ドラゴンクエストXI」の試遊台で遊ぶことはもちろん、同作の実況プレイ配信も行なわれていました。また、スマートフォンで発売されている過去作についても一気に試遊することができます。さらに、現在開発中の「いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY」の試遊コーナーも設置し、一足先にプレイできると共に、ここでもゲームのプレイ解説が行なわれており、ファンにとっては待つ間も楽しめるようになっていたのです。

Posted in 未分類 | Leave a comment

スマホの寿命を延ばすために気をつけたいこと

スマートフォンを使っていると、急に本体が熱くなることがあります。しばらくすると元の温度に戻るため、それほど気にしていない人も多いでしょう。しかし、発熱はスマートフォンに負荷が掛かっていることを示していて、できれば避けたい事態です。場合によっては、急に電源が切れてしまったり、発熱による異常な動作「熱暴走」が起きてしまったりするのです。スマートフォンが発熱しやすいケースはいくつかあります。GPSを使って道順をナビさせている、カメラを起動して写真や動画を撮り続けている、美しいグラフィックのゲームをしているときなどに本体の温度が上がりやすいでしょう。これは、スマートフォンの頭脳であるCPUに負荷が掛かっている状態です。熱くなってきたと感じたら、いったんアプリを終了させて温度が下がるのを待ちましょう。スマートフォンを充電しながら操作することも避けるべきです。バッテリーに負荷が掛かることで、本体の温度が上昇します。スマートフォンを使う環境も大切です。Androidの場合、「周囲温度5~40℃(ただし、36~40℃はお風呂場などでの一時的利用に限る)と注意書きが記載されている機種もあります。

Posted in 未分類 | Leave a comment